吉田 城久(ヨシダ クニヒサ)

ケニー英語塾塾長
元外資系企業ビジネスパーソン
英検1級

経歴

1963年東京都生まれ
中学高校は東京都にある私立麻布中学校・高等学校に通う
高校卒業後、慶応義塾大学経済学部に進学
大学卒業後、国内大手小売業に就職、その後外資系企業へ転職
2017年より英語講師として活動を開始、英検合格者やTOEICスコアアップの方を多数輩出

ご挨拶と英語講師になった経緯

私は、帰国子女でもなく本格的な留学経験もありませんが、30代半ばに国内大手小売業からいわゆる外資系企業へと転職してからは、英語あるいは英語コミュニケーションにとても関わりを持つようになりました。

外資系数社での勤務時代は、フィンランド、スウェーデン、イタリア、インド、タイ、オーストラリア、アメリカと様々な国のビジネスパーソンとかかわり、さまざまな「英語」を体験しました。

また、20~30名規模の会議において、たった一人の日本人参加者として発言を求められたことや、数日間の研修トレーニングで唯一の日本人参加者として鍛えられたり、といった経験は、今でも自分の貴重な財産として生きているなと感じます。

しかし、いろいろなことを一通り経験すると、自らが培った英語コミュニケーションのやり方を周りの方々にお伝えし、役立てていただきたいという気持ちが強くなりました。そこで2017年から英語講師として活動を開始し、少しずつ指導経験を増やしてきました。これまで、下は小学生から上は還暦の方へと様々な方へレッスンを行ってきました。

そんな中で、関わった生徒さんが英検に合格したり、TOEICのスコアを上げたり、英語力を上げて高校から系列大学への進学内定を勝ち取った、などというお知らせをいただくと、いつも我が事のように嬉しくなります。

日ごろから実感しているのは、多くの日本人にとって、英語は依然として当たり前のように使えるコミュニケーションツールにはなっていないという現実です。しかし、関わってくださった皆さまが、英語を得意科目にして、英語をキャリアの武器(の一つ)にして、人生を切り開いて行かれることを実現されれば、これに勝る幸せはありません。